tyounai-flora-01

腸内フローラを整える食事について解説していきます。その前に腸内フローラについて基礎知識については確認しておきましょう!

腸内フローラは、腸内に存在している菌の腸内細菌叢の事です。この菌は大きく3種類に分ける事が出来ます。それが、善玉菌、悪玉菌、日和見菌です。

この割合は、善玉菌あ2割、悪玉菌が1割り、日和見菌が7割という形になっています。しかし腸内フローラが悪い人は善玉菌よりも悪玉菌の方が多い状態になっています。

このような状態になっていると腸内環境が乱れているという事です。つまり、腸内フローラを整えるという事は善玉菌を増やして悪玉菌を減らすという事す。そのための食事をいまから解説していきます。

腸内環境を整えるプロバイオティクス

プロバイオティクスは、腸内を酸性にして悪玉菌が増えるのを防ぐ事が出来ます。また、健康維持や老化防止の目的でも飲まれる方がいます。

プロバイオティクスは、身体にとって良い働きをしてくれる生きた微生物を含む食品の事です。

例えば、お腹の調子が悪いときに飲む整腸剤は、お腹の善玉菌を薬にした物ですし、善玉菌が含まれている発酵食品の事を指します。

発酵食品は、日本ならたくさんのある物です。納豆やヨーグルト、漬物、みそ、チーズ、キムチなどです。どれも効いた事がある食品ばかりだと思います。

この中でも特に強い乳酸菌が漬物と納豆です。これらの乳酸菌は、植物性乳酸菌で酸やアルカリ性に強く温度変化にも強いので生きたまま腸に届きやすいという性質があります。

植物性乳酸菌意外にも動物性乳酸菌、腸管系乳酸菌があります。これらは体内に入ると酸などで死んでしまう可能性が高いです。

ですが、死んだらダメかといったそうではなくて死んでも腸内で生きている善玉菌の餌になるのでそれのおかげで繁殖する事は可能です。そういった意味でも全く意味がないわけではないので勘違いしないようにしましょう!

オリゴ糖が善玉菌を元気にする

オリゴ糖は聞いた事がある人が多いと思います。特に女性は、便秘気味の人が多いのでその対策としてオリゴ糖を飲んでいる人も多いのではないでしょうか?

このオリゴ糖は善玉菌のえさになります。嬉しい事に悪玉菌の餌になる事はな善玉菌だけの餌になるので善玉菌だけを効率的に増やす事が出来るのでオリゴ糖はどんどん活用していった方が良いです。

スーパーに行けばオリゴ糖の液体単体で販売されていたりするので、それでもいいですが、食材からも得られます。

大豆、玉ねぎ、キャベツ、ゴボウ、アスパラガス、はちみつです。これらの食材からも摂取する事が出来るのでどんどん利用していきましょう!

腸内フローラを改善するサプリやゼリー

腸内フローラを改善するための食事について解説していきましたが、中には野菜が嫌いだったり、ヨーグルトが無理な人が結構います。

そんな人は、腸内フローラを改善するための健康食品が販売されているのでそちらを利用してみるのもありです。

乳酸菌が1兆個含まれている物あります。腸内フローラには100兆~1000兆の細菌がいるのでたりないかもしれませんが、外から得るのも大切です。

その中で、ラクトフェリンやビフィズス菌などの善玉菌を代表するようなものを直接摂取する事が出来るだけでなくその餌となるオリゴ糖も一緒に配合されて至ります。

食事だけに頼るのではなくこういったサプリメントやゼリータイプの物に頼ってもいいかもしれません。

腸内環境を整える事で痩せ体質になったり、今までスッキリとしなかったのがスッキリ出るようになったりと嬉しい事ばかりです。

これからは、身体の内側からも綺麗にしていく事が大切な時代だと思います。ちなみに、わたしが使っているサプリメントを紹介しているサイトがあるので見てみてください!

プレミアムスリムビオの体験レビュー